SikuliXでファイルやディレクトリの存在をチェックする方法について解説します。

 

ファイルが存在しないときには例外処理を行う場合などに利用します。

 

こんにちは!完全自動化研究所の小佐井です。

 

SikuliXからファイルを読み込んで利用することは多々あります。

 

その時にファイルが無かったら?

 

当然、エラーが出てロボは止まってしまいます。

 

しっかりとファイルの存在をチェックして、正しく例外処理を行いましょう!

 

 

ファイルやディレクトリの存在をチェックする

C:\test\test.txtが存在する場合を解説します。

 

ファイルやディレクトリを区別しない時


# -*- coding: utf-8
import os

path = "C:\\test"

print os.path.exists(path)

存在するので場合、Trueが返ってきます。同じようにpath = “C:\\test\\test.txt”の場合でも、Trueが返ってきます。

 

ディレクトリでもファイルでも、存在していればTrueが返ります。

 

 

ファイルを調べる時


# -*- coding: utf-8
import os

path = "C:\\test\\test.txt"

os.path.isfile(path)

この場合、Trueが返ってきます。

 

変数pathの中身が、ファイルでない場合はFalseが返ってきます。

 

 

ディレクトリを調べる時


# -*- coding: utf-8
import os

path = "C:\\test"

os.path os.path.isdir(path)

この場合、Trueが返ってきます。

 

変数pathの中身が、ディレクトリでない場合はFalseが返ってきます。

 

 

 

SikuliXの研修講師をお請けしています!

 

≫参照:【技術者向け】SikuliXで学ぶ、自動化の基礎(研修講師の依頼ページ)

 

kosai
小佐井

疑問・質問など、お気軽に!