SikuliXでファイルやディレクトリを削除する方法について解説します。

 

ファイルを削除する

osモジュールをインポートして、os.remove関数を使います。

 


# -*- coding: utf-8
import os

os.remove(path)

 

 

 

ディレクトリを削除する

空のディレクトリを削除するプログラムです。

 

ディレクトリ内にファイルがあれば、エラーを起こします。

 


# -*- coding: utf-8
import os

os.rmdir(path)

 

 

次に、再帰的に空のディレクトリを削除するプログラムを紹介します。

 

C:\test\test2というディレクトリがあった場合、


# -*- coding: utf-8
import os

os.removedirs("C:\\test\\test2")

と記述すれば、C:\testのディレクトリまで削除されます。

 

ただし、ディレクトリ内にファイルがあれば、エラーを起こします。

 

 

最後に、ディレクトリツリー全体を削除するプログラムです。

ディレクトリが空でなくても削除します。

 

osモジュールではなく、shutilモジュールをインポートしてください。

 


# -*- coding: utf-8
import shutil

shutil.rmtree(path)

 

 

 

まとめ

ファイルやディレクトリの操作は、SikuliXではなく、Python2.7のプログラムですので、ファイル操作方法を知りたいときは、Python2.7でググってくださいね。

 

 

SikuliXの研修講師をお請けしています!

 

≫参照:【技術者向け】SikuliXで学ぶ、自動化の基礎(研修講師の依頼ページ)

 

kosai
小佐井

疑問・質問など、お気軽に!