SikuliXを使いCSVファイルからデータを読み込む方法を解説します。

CSVファイルを読み込んで、値をアプリケーションに連続入力する、といった場面で使用します。

 

SikuliXでCSVファイルからデータを読み込む方法

インポートします。

import csv

 

ファイルを読み込みます。ヘッダーが無い場合は「header = ・・・」の行をコメントアウトしてください。

csvfile = "フォルダ\\XXXXXX.csv"
f = open(csvfile,'rb')
reader = csv.reader(f)
header = next(reader)

 

CSVファイルから読み込んだ件数分ループしながら、データをprint文でメッセージウィンドウに出力する処理です。

for row in reader:
    count = 1
    for data in row:
        print "data:" + data
    count += 1

 

関連ページ

SikuliXを使ったRPAシステムの構築方法を解説してます。

オープンソースで作る!RPAシステム開発入門ってどんな本?