SikuliXを使いエクセルからデータを読み込む方法を解説します。

エクセルファイルを読み込んで、値をアプリケーションに連続入力する、といった場面で使用します。

 

SikuliXでエクセルからデータを読み込む方法

「xlrd」モジュールをインポートします。

import xlrd

 

エクセルファイルを開いて、シートを指定します。

excel_file = "フォルダ\\XXXXXX.xlsx"
 book = xlrd.open_workbook(excel_file)
 sheet = book.sheet_by_index(0)

 

件数分ループする処理を記述します。

i=1
for row in range(1,sheet.nrows):
    for col in range(sheet.ncols):
        type_cell = sheet.cell_type(row,col)
        value = sheet.cell_value(row,col)

 

セルタイプにより表示形式を分ける場合の記述法です。

if type_cell == 1: #文字列
    print "col:%d row:%d value:%s" % (col,row,value)
elif type_cell == 2: #数値
    print "col:%d row:%d value:%s" % (col,row,value)
elif type_cell == 3: #日付
    s = datetime.datetime(*xlrd.xldate_as_tuple(value,book.datemode)).strftime("%Y/%m/%d")
    print "col:%d row:%d value:%s" % (col,row,s)

 

関連ページ

SikuliXを使ったRPAシステムの構築方法を解説してます。

オープンソースで作る!RPAシステム開発入門ってどんな本?