SikuliXにおけるIF文の表記方法について解説します。

 

1.SikuliXにおける条件分岐(IF文)の表記方法

表記方法

SikuliXではPythonの条件分岐の表記方法を使います。

if 条件式1:
    条件式1が真の時に実行する処理
elif 条件式2:
    条件式1が偽で条件式2が真の時に実行する処理
elif 条件式3:
    条件式1及び条件式2が偽で条件式3が真の時に実行する処理
else:
    全ての条件式が偽の時に実行する処理

 

2.利用方法

SikuliXを使って画面を操作する際「条件によっては保存ダイアログが表示される」といった場合に利用します。

例えば、以下のシナリオです。

アプリケーションからファイルをダウンロードして、ローカルディレクトリに保存するSikuliXプログラムがあるとします。

  1. アプリケーションからファイルをダウンロードしてローカルディレクトリに保存する
  2. 2回目実行すると、すでに同じ名前のファイルが存在しているので「上書きしますか?」というダイアログが表示される

1回目の処理と2回目の処理が異なりますので、条件分岐で対応します。

この場合、リスト1のプログラムで分岐します。

if exists([上書きしますか?ダイアログの画像],1):
    click([はいの画像])

リスト1 上書き確認の条件分岐

 

関連するページ

【Sikuliで学ぶRPA超入門‐第2回】条件分岐を学ぼう

 

SikuliXを使ったRPAシステムを構築する方法が解説されています。

オープンソースで作る!RPAシステム開発入門ってどんな本?