このページでは、SikuliXの開発環境の上部にあるボタンの使い方について解説します。はじめて使う人には謎のボタンだと思いますが、使いこなすと開発やデバッグが楽になりますよ。

※)このページではSikuliXIDE1.1.1について書いています。

 

SikuliXの謎のボタンたち

では、さっそく見ていきましょう。6つあります。このページでは、ざっくりと説明しますので、詳しくは各ボタンのページをお読みください。

1.Regionボタン

まず、Regionとは何でしょうか?日本語で言うと「領域」という意味になります。

参照Regionボタンの使い方

2.Locationボタン

位置ということですね?これはなんでしょう。

参照Locationボタンの使い方

3.Offsetボタン

Offsetとは、相対的な場所を得るときに使います。

参照Offsetボタンの使い方

4.Showボタン

参照SikuliX1.1.1のShowボタンの使い方

5.Show in

画像などをプログラムした行にカーソルを置いた状態で、[Show in]をクリックすると、範囲を選択できる状態になります。

範囲を選択した中に、該当の画像があれば赤枠で示されます。

6.スローモーションで実行

実行ボタンの右側にあります。

クリックされる場所などを示しながら、実行されます。操作の内容を確認できます。使ったことはありません。

 

研修のご依頼
RPAやプログラミングの研修講師をお請けしています。著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門」をお読みいただいた法人様に対する教育/サポートもお請けできます。

 

質問/お問い合わせ
RPAや自動化全般についての疑問・質問・お仕事の依頼などはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。