オープンソースRPAシステムのETL部分を実装するのはPentahoというツールです。Pentahoのインストールを行います。

 

1.前提条件

OSはWindows7、Windows8、Windows10を想定しています。

Java7またはJava8をインストールしておいて下さい。Javaの最新バージョンは(https://www.java.com/ja/)からダウンロードできます。

 

2.ダウンロード

2019年1月ではPentahoの最新バージョンは7.1です。

RPAシステムで検証しているバージョンは6.0です。

■Hitachi Vantara | Pentaho

https://sourceforge.net/projects/pentaho/files/Data%20Integration/6.0/

pdi-ce-6.0.1.0-386.zipをダウンロードして、任意の場所に保存してください。任意の場所に保存してください。

 

3.インストール

 Cドライブの直下に「pentaho」というフォルダを作ってください。

ダウンロードしてきたzipファイルを解凍すると、「data-integration」というフォルダが入っているので、これをC:¥pentahoに移動してください(図1)。

インストールはこれで完了です。

図1:Pentahoのインストール

 

4.起動

C:¥pentaho¥data-integrationの下に多くのファイルがあります。その中のSpoon.batというファイルが、ETLを起動させるバッチです(図2)。

図2:pentaho 直下のファイル

 

 

spoon.batをダブルクリックして図3の画面が立ち上がれば成功です(WindowsDefenderのファイアーウォールにブロックされる場合は、「プライベートネット
ワーク…」と「パブリック…」にチェックを入れて「アクセスを許可」をクリックしてください)。

立ち上がらない時はJava のパスが通っていない可能性があります。パスを通す最も確実な方法はコンピュータの環境変数「PENTAHO_JAVA_HOME」にjava.exe(javaw.exe)へのフルパスを指定する方法です。その他にPentaho 専用のJAVAを持たせる方法もあります。「data-integration」フォルダ内にjava やjre という名前でJava のランタイムを入れておきます。

図3:Pentahoの初期画面

 

関連エントリー

[SikuliX対応]オープンソースでRPAシステムを構築する方法

Pentahoが起動しない場合