RPAシステムのチームと役割

DAF(Data Automation Factory)理論では業務の完全自動化を実現するため体系を定めています。

DAF理論では、DAF構築のための要件定義・設計・開発・運用をチームで行うことを勧めています。

DAFチームとその役割について解説します。

 

DAFチームとその役割【チームの成長パターンも図解します】

DAF理論では、DAF構築のための要件定義・設計・開発・運用をチームで行うことを勧めています。理由は2つです。

1.DAFチーム結成を勧める理由

1-1.運用管理を集中するため

実務部門にロボットを作らせた場合の問題は、1.1.5節「RPAの落とし穴」で指摘したとおりです。ロボットは自動化チームが集中して開発・運用管理することで、高いサービスレベルを維持でき、自動化の効果を得やすくなります。

中小企業の場合、管理するロボットの数が多くならないため、なおのこと集中管理が向いています。

1-2.運用責を負う

「完全自動化した業務の運用責任を誰が負うのか」が必ず問題となります。開発・運用管理している人が責任を負うのが自然な流れです。

完全自動化を進めるほど運用管理と責任が増えていくため、チームが必要になります。

2.チームと役割

完全自動化チームの中には4つの役割を持った人員が必要です( 表1)。初期メンバーは複数の役割を兼任することになります。

RPAシステムは「DAF(Data Automation Factory)」理論をコンピュータで実装したものですので、設計や開発はDAF設計、DAF開発と呼んでいます。

 

表1:チームと役割

役割 内容と適する人材
A メンバー ITに関係のない一般社員。最初は、(B)DAF設計者にサポートしてもらう形で進めることでシステム知識をカバーする。最終的には、要件定義から設計まで行い(C)DAF開発者に開発を要請すること、そして、できあがった自動化を運用することが仕事となる
B DAF設計者 社内SEのあなた。業務およびシステム開発の双方に詳しい必要がある。開発者の教育・サポートを行う役割もある。最終的なミッションは、(A)メンバーを育て、(A)メンバーと(C)DAF開発者だけで完結できるような組織を作り上げること
C DAF開発者 中級程度のプログラマーが最適。社外のリソースを利用することも可能
D 運用者 問題なく運用されていることを監視し、問題があれば対処する。また、同じ問題が起こらないように(C)DAF開発者と協力して対処する。運用の最初は(B)DAF設計者が兼任し、運用が落ち着いたら(A)メンバーに引き継ぐのが望ましい

 

3.チームの成長パターン

第1形態

始めは社内で完全自動化に対する認識はなく、説明しても効果への信頼はありません。少人数(またはあなた1人)でまず1つの案件を完了させ、その効果を見せることに集中します(図1)。

チームの第1形態

図1:チームの第1形態

 

第2形態

完全自動化で実績を出し、メンバーが増えてきた状態です。図2 のように、メンバーに実務者からのヒアリングや要件定義をしてもらい、あなたは設計やインフラの整備などの裏方にまわります。実開発は開発者に任せます。

 

 

チームの第2形態

図2:チームの第2形態

 

第3形態

あなたは自動化チームを自律的に動かす教育を行う立場になります。もしくは、自動化推進チームを率いる部署長になっているかもしれません( 図3)。

チームの第3形態

図3:チームの第3形態