RPAを導入しても、現場の実務者が思ったように使ってくれないことありませんか?

実務者がRPAを使えない2つの理由を整理します。

1.実務者が抵抗する

誰もが喜んでRPAを受け入れてくれる?しかし、そんな夢のようなことはありませんね。予想外の抵抗を受けることがあります。

⇒抵抗感を覚え反発する

2.プログラミングが必要

「マウスを使って少し設定すればロボットがどんどん作れるので、プログラミングが必要なく現場でも作れる」という話を聞いたことがあると思います。

確かにプログラミングコードを書かなくても動きます。しかし、根本的にプログラミングの思考方法を知らないと、業務の自動化は困難です。

⇒結局はプログラミングの知識が必要

 

RPAの3つの落とし穴>実務者がRPAを使えない2つの理由