チェーン展開している小売業において在庫適正化は重大な課題ですよね!?同じ商品でも、店舗によって過剰と欠品が発生します。

 

手動でこれを調整している企業も多く、自動化による改善効果は非常に大きな金額となります。

 

このページは小売業の中でも特にブランド品、宝飾などの高額品を扱う高額品の小売業について書きます。

 

大量生産大量消費の製品とは真逆で、多品種少量生産の典型です。そのため、在庫適正化に最も苦労する業界の一つだと思います。

 

在庫適正化に必要な自動化業務

必要な業務を図に示します。薄い黄色のついた業務が自動化できる箇所です。

 

  1. ABCZ分析
  2. フェース管理
  3. 単純補充
  4. 基準在庫変更
  5. 店間移動
  6. 自動補充・発注
  7. リードタイムの長い商品の発注数算出

 

まとめ

この7つの業務のいくつかを自動化し運用することで、在庫適正化の実現に近づくことができるはずです。

 

200店舗、5000SKUを管理しようと思えば、1,000,000組み合わせになってしまいます。

 

多くの商品管理部の社員はExcelのスペシャリストだと思いますが、Excelの限界を超えてしまうのです。

 

だから、確実にプロの助けが必要となるのです。

 

在庫の過剰、欠品にお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

kosai
小佐井

疑問・質問など、お気軽に!