このページでは、Java8のインストール方法を解説します。オープンソース・ソフトウェアにはJava上で動作するものが多いため、オープンソースを使う方はJavaをインストールしておきましょう。OSはWindows10で解説しています。

動作検証は以下の環境で行っています。

OS:Windows10 Pro 64ビット版

Java 8のインストール方法を解説します

Javaのダウンロードサイトにアクセスしてください。

https://www.java.com/ja/

 

図1のサイトが表示されます。


図1 Javaダウンロードサイト

 

このページではJava 8をもとに解説しています。「同意して無料ダウンロードを開始」をクリックします(図2)。


図2 Windows版Javaのダウンロード

 

セットアップファイルを任意の場所(特に場所を指定せずにダウンロードしたらダウンロードフォルダに入ります)に保存します。保存したセットアップファイルをダブルクリックします(図3)。


図3 ダウンロードされたセットアップファイル

 

ユーザーアカウント制御の画面が出ますので、「はい」をクリックします。すると、「Javaセットアップ」画面が起動します。「インストール」をクリックします(図4)。


図4 「Javaセットアップ・ようこそ」画面

 

「ライセンス条項の変更」画面が表示されます。「OK」をクリックします(図5)。


図5 「ライセンス条項の変更」画面

 

「Javaセットアップ・進行中」画面が表示され、Javaがインストールされます。完了したら「Javaセットアップ・完了」画面が表示されますので「閉じる」をクリックします(図6)。


図6 「Javaセットアップ・完了」画面

 

RPAロボを作って学ぶ!プログラミングの基礎のトップページ

作ってわかる!RPA超入門【SikuliX対応】

研修のご依頼
RPAやプログラミングの研修講師をお請けしています。著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門」をお読みいただいた法人様に対する教育/サポートもお請けできます。

 

質問/お問い合わせ
RPAや自動化全般についての疑問・質問・お仕事の依頼などはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。