SikuliをRPAとして使えるのかどうかを知りたい方へ。

現在RPAを検討しているけど、Sikuliというツールがあることを知った。無料のようだし、これをRPAとして使うことができるのか知りたいと考えていませんか?

結論から言います。SikuliはRPAとして使うことができます。その理由はのちほど挙げていきます。

また、SikuliをRPAとして利用できるのならば、そのメリット・デメリットを知っておきたい、あと、なんか事例とかセミナーとかあったら知りたいという方の要望にも応えて解説していきます。

この記事で解説すること
  1. SikuliはRPAとして使えるのか?結論使えます
  2. SikuliをRPAとして使うときのメリット・デメリット
私の信頼性
  1. 顧客企業において2016年からRPA内製化をサポートし実績を積み上げています。Sikuliを自動化に利用しています。
  2. Sikuliを利用したRPAシステム構築の理論・構築・開発・運用を網羅した書籍『オープンソースで作る!RPAシステム開発入門』を出版しました。
  3. 2019年3月中小企業のための失敗しないRPA導入研修を行いました。Sikuliを使ってRPAを説明しました。
  4. 2019年5月リクルートスタッフィング登録者向けRPA超入門ハンズオンを行います。Sikuliを使ってハンズオンを行います。

 

1.SikuliはRPAとして使えるのか?【結論:条件付きで使えます】

1-1.そもそもRPAとはなにか

RPAとはPC自動化の技術を使って、業務効率化を図る取組です。

RPAを利用すると、既存のシステムを改修せずにデータをダウンロードしたり、入力したりすることができますので、少ない開発費で大幅な業務効率化が図れます。

働き方改革、少子化による人手不足という現在の課題に対して、有効なソリューションになると注目されています。

1-2.Sikuliは何ができるのか

Sikuliは人がPC上で行う作業と同じことができます。

マウス操作やキーボード操作などをソフトウェアにより自動化することができるためです。

具体的にはSikuliの開発画面にてマウス操作やキーボード操作をプログラムします。このとき、何(アプリケーションやファイルなど)を操作するのかは、画像を使って登録します。Sikuliはプログラムされた手順通りに操作する対象をディスプレー上から画像で検索して操作します。

1-3.SikuliはRPAとして使えるのか

SikuliはRPAとして使えます。

なぜなら、人がPC上で行う作業と同じことができるからです。ということは、PC自動化を行い業務効率化を図ることができます。

 

実際にSikuliX1.1.1でWebアプリケーションを操作するデモをご覧ください。

このように、実際に私は一部上場企業で既に3年間Sikuliを使ってRPAを運用しています。

注意点としては「あまり難しいことをSikuliにさせないこと」です。何でもかんでもSikuliにさせることはおすすめしません。アプリケーションの操作くらいにしておいた方がいいです。

それでも、システム改修せずにデータダウンロードやデータ入力ができるようになりますので、年間数百万のメリットをたやすく得ることができます。

 

2.SikuliをRPAとして使うときのメリット・デメリット

2-1.メリット

Sikuliのメリットは「無料・簡単・アプリケーションを選ばない」ということです。

オープンソースであるためライセンス費用がかかりません。一般的にRPAツールはロボット1台あたり数十万/年の費用がかかりますので、無料であるメリットは大きいです。

また、画像認識型のオートメーションツールであるため、ローカルアプリケーションでもWebアプリケーションでもファイルでも変わらず操作することができ、直観的で簡単です。

画像認識型でないRPAツールはアプリケーションの種類により取扱いの得意・不得意がありますので、これは大きなメリットだと言えます。

2-2.デメリット

規模が大きな業務自動化には向いていません。会社の中でPC3台以内の運用くらいが現実的です。

画像認識型ですので、ディスプレーの解像度が変わっただけでも動作しなくなります。そのため、同じプログラムが他のPCでは動作しなくなるといったデメリットがあります。

また、Windowsアップデートがかかると、フォントが変わったり、なんらかの予期しない画面の変更がある場合があります。このようなケースでは再度、画像をキャプチャーしなおさなければならない事態も発生します。

また、有償のRPAにはほぼ付いているレコーディング機能がなく、またノンプログラミングではないため、プログラマーでなければ、いきなり取り組むのは難しいでしょう。

容易に扱えるが、予期しない変更には弱いというのがデメリットであり、そのため規模が大きくなるとメンテナンス工数が膨れることが想定されます。

 

まとめ

SikuliはRPAとして十分に機能します。実際に私は3年間一部上場企業の本社内の業務自動化に利用しています。

Sikuliは小規模に始めてすぐに結果を得たい、そして協力してくれる技術者が確保できる企業に向いています。

 

私の著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門」では、Sikuliを利用して本格的なRPAシステムを構築し運用する方法について詳しく解説しています。

≫オープンソースで作る!RPAシステム開発入門ってどんな本?(紹介ページ)

 

合わせて読みたい!関連ページ

≫SikuliをRPAとして使ったときの注意点とは【理解して使いましょう】