Pentaho Data Integration(以下PDI)は非常に高性能なETLツールです。このページではPDIの基本的な使い方をご説明します。

Pentaho Data Integration (PDI)の基本的な使い方

Spoon.batをダブルクリックすると図1の画面が起動されます。

図1:Pentahoの初期画面

 

まず、ファイルメニューの下にあるファイルの追加アイコンをクリックします(図2)。

図2:ファイルの追加アイコン

 

図3のメニューが表示されますので、「ジョブ」をクリックしてください。

図3:ファイルの追加アイコンメニュー

 

右側のパネルに「ジョブ1」が追加されました(図4)。

図4:ジョブ1が追加された画面

 

左側の「デザインパネル」に様々な機能を持ったアイコンが格納されています。これらのアイコンをジョブパネルに配置してETL処理を完成させるのが、PDIの基本です(図5)。

図5:ジョブ1が追加された画面

 

関連するページ

PentahoをETLとして使う方法まとめ