SikuliXで既存のExcelファイルを起動する方法を解説します。アプリケーションを起動する方法全般について関連ページをご参照ください。

ついでにパワーポイントファイルの起動も解説しています。日本語ファイルの取り扱いについて触れています。

SikuliXで既存のExcelファイルを起動する方法

■動作確認環境

  • OS:Windows10
  • Excelバージョン:Excel2016
  • 起動するExcelファイル:ダウンロードフォルダにある「SalesData.csv」

# -*- coding: utf-8

excel_path = "C:\\Program Files (x86)\\Microsoft Office\\root\\Office16\\EXCEL.EXE"
FileName = os.path.join(os.environ['USERPROFILE'],"Downloads","SalesData.csv")
App.open(excel_path + " " + FileName)

SikuliXでExcelファイルの起動を確認する方法 SikuliXでExcelファイルの起動を確認するには、画像の出現を待つとよいでしょう。 リスト1の例では、Excelで既存ファイルを開くと画面上部に「ファイル名 – Excel」と表示されることを利用しています。

リスト1

 

SikuliXで既存のPPTファイルを起動する方法

■動作確認環境

OS:Windows10

Excelバージョン:POWERPOINT2016

起動するExcelファイル:ダウンロードフォルダにある「自動化プロジェクト提案.pptx」


# -*- coding: utf-8
import subprocess

ppt_path = "C:\\Program Files (x86)\\Microsoft Office\\root\\Office16\\POWERPNT.EXE"
FileName = os.path.join(os.environ['USERPROFILE'],"Downloads",u"自動化プロジェクト提案.pptx")

subprocess.Popen([ppt_path, FileName])

日本語を扱う場合、「App.Open」ではうまくいかなかったため、「 subprocess.Popen」を使用しました。

ちなみにSikuliX1.1.4ではApp.openで動作しました。


# -*- coding: utf-8

FileName = os.path.join(os.environ['USERPROFILE'],"Downloads",u"自動化プロジェクト提案.pptx")
App.open(FileName)

SikuliX1.1.4のソース

 

関連ページ

SikuliXで外部アプリケーションを起動する関数App.open

SikuliXで外部アプリケーションを起動するには(subprocess.Popen)

SikuliXの使い方まとめ