RPA導入に失敗する

RPA導入で「こんなハズでは・・・」とならないために!

RPA導入とその後の運用で失敗する原因の多くは

  • 業務シナリオの整理を行っていない(行えない)から
  • 単純にプログラミングとソフトウェア開発の知識がないから
  • 設計を行わず、当然、設計書も残さないから

という非常に「当たり前」のことです。

 

RPA導入に失敗しないために

では、どういう知識が必要で、どうやれば身に付き、実務に使えるのか?

それをまとめて、実践編を付けたのが本書です。

前半が理論、後半が実践編です。

実践の例としてUiPath Community Editionを利用させていただいています。

 

サンプルもダウンロードできます

・設計書のフォーマット

・実践編の設計書のサンプル

・UiPathのワークフローのサンプル

環境を構築して実際に動かして確認してください。

 

実際に使っています

実際に私はこの設計書を使用して、顧客企業の自動化を支援しています。実際に業務整理を行い、RPAを開発・運用するのは非エンジニアの実務者です。

そして、設計や開発の支援は完全にリモートで行っています。リモートかつチームでRPAを設計・開発・運用していけるのも設計書を作成するメリットです。

 

実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門