2021/9/15

新刊「WinActor業務自動化最強レシピ ~RPAツールによる自動化&効率化ノウハウ~」の発売が開始されました。

国産RPA「WinActor」による業務自動化のノウハウが詰まった書籍です。非常に分厚いです!

WinActor(ウィンアクター)とは

WinActorは国内の利用者が非常に多いRPAソフトウェアです。

本書のバージョン

WinActor 7.2.0

対象読者

・「プログラム未経験でWinActorに触れるのが初めて」という初心者の方から「日常業務でExcel VBA」(マクロ)等を記述しているが、システム開発は未経験」といったITの中級レベルの方まで。
・WinActorを導入する予定、または導入済で、WinActorが扱える環境にある方(注)

※WinActorの誰でも無料で使えるエディションはありませんのでご注意ください。

本書の概要

WinActorを利用して、日々の日常業務を自動化する手法を解説した書籍です。
本書を利用すれば、WinActorを利用した自動化処理を効率よく実践できます。

本書の内容

  • Chapter1「WinActorの概要を理解する」
  • Chapter2「押さえておくべき5つの知識と基本操作」
  • Chapter3「超高速化!デスクトップの自動化のテクニック5選」
  • Chapter4「ブラウザを使う業務を効率化する5つのテクニック」
  • Chapter5「業務成果に直結するExcel操作10の技」
  • Chapter6「今日から使える!メール業務を自動化する5つのテクニック」
  • Chapter7「思い通りに動かない時に読むセクション」
  • Chapter8 「1つ上のシナリオを開発する5つのテクニック」
  • Chapter9「超実践的!業務で使える5つのパターン」

Chapter1「WinActorの概要を理解する」では、RPAとWinActorの基本的な知識について解説しています。WinActorの画面や機能について理解できます。簡単なシナリオを作成してWinActorに慣れていきましょう。

Chapter2「押さえておくべき5つの知識と基本操作」ではシナリオ作成の前に理解しておくべき知識について解説しています。特にプログラミングの経験のない読者は「変数」や「制御フロー」についての知識を身に付けるために、このChapterを参考にしてください。

Chapter3「超高速化!デスクトップの自動化のテクニック5選」はデスクトップアプリケーションの操作方法についての解説です。画像認識による操作方法や操作のたびに違う動作をするアプリケーションに対応する方法についてもセクションを設けているので、様々な動作パターンに対応できるようになります。また、自動化の際によく出現するファイル操作と日付操作についても詳しく解説しています。

Chapter4「ブラウザを使う業務を効率化する5つのテクニック」では、ブラウザ(IEとGoogle Chrome)の操作について解説しています。Webシステムへのログイン操作に加え、ブラウザ画面から直接データを取得する方法、データをダウンロードする方法を学びましょう。

Chapter5「業務成果に直結するExcel操作10の技」は業務でよく利用するExcel操作の自動化について解説しています。Excelを使った業務は非常に多く行われているため、10のセクションを設けています。CSV形式やExcel形式のファイルの操作だけでなく、Excelマクロ(VBA)を使う方法、データベースを使う方法などの技術レベルの高いシナリオも含んでいます。

Chapter6「今日から使える!メール業務を自動化する5つのテクニック」はメールを利用して業務を遂行するシナリオを解説しています。Microsoft Outlookを利用してメールの送受信をする方法やWinActorメール管理機能を使って添付ファイルを扱う方法を網羅しています。

Chapter7「思い通りに動かない時に読むセクション」では、思い通りにシナリオが動作しないときに試すべき操作や調べ方について解説しています。またエラーを解消するためのデバッグについても学べます。

Chapter8 「1つ上のシナリオを開発する5つのテクニック」は、これまでのChapterのシナリオに加え、より実践的なシナリオを構築するためのテクニックが詰まったChapterです。シナリオ実行中にエラーが発生した時のリトライ方法、変更に強いシナリオを構築するための設定ファイルの利用方法、シナリオを部品化して再利用可能にする方法など実践で活用できるテクニックが身に付きます。

Chapter9 「1つ上のシナリオを開発する5つのテクニック」のシナリオは、これまで登場したシナリオを繋げて、そのまま実務で使えるレベルに構築し直しています。Chapter9では、シナリオ作成手順についての詳しい解説は行わず、シナリオ全体の流れや注意点を解説していきます。サンプルシナリオをダウンロードし、WinActorで開いてからお読みください。

付録

巻末に付録としてWinActor関連のサービスについてコラムを載せています。