業務の一部を自動化するのがRPAの役割だと思っていませんか?

僕は、中小企業にとっては「完全自動化」が有効なソリューションだと考えています。

この記事では中小企業にとって有効なRPAの利用方法を中心に解説します。

完全自動化について詳しく知りたい方は是非お読みください。

それでは、どうぞ!

僕の信頼性
こさい
こさい

完全自動化研究所の小佐井です

1) IT歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

完全自動化とはなにか?

最初に部分自動化について理解することで、完全自動化について理解が深まります。

こさい
こさい

完全自動化について考える前に、まず部分自動化を見てみましょう

大企業に向いている部分自動化

人手での作業に手間がかかる業務の一部をRPAツールによって自動化するものです(図 1)。

実務者が自らRPAツールを使って自動化を行う場合はこの部分自動化になります。

実務者の業務自体は減りませんが、簡単な作業を大量に繰り返すことが多い場合は大きな効果を得られます。

実務者のITリテラシーが高く、大量のデータ量を処理しなくてはならない大企業に向いていると考えられます。

【図1】部分自動化のイメージ

めーたん
めーたん

部分自動化は大企業向きなのね。

一般的なRPAの使い方は部分自動化を指しているね。
次は完全自動化を見てみましょう。

こさい
こさい

中小企業に適した完全自動化

これに対し完全自動化は、業務自体が実務者から切り離され、ノウハウはすべてシステムに記述され、自動で運用されます(図 2)。

つまり、ホワイトカラーの定型業務を最初から最後まで自動化し、実務者のパソコン作業を無くしてしまうことです。

自動化を行う主体は業務社員ではなく、エンジニアを中心とした自動化チームです。

実質的に業務の責任の一部は、自動化運用チームに移行します。

大量の繰返し処理は少なく、手間のかかる業務を数多く抱えている中小企業に適している自動化方法です。

【図2】完全自動化のイメージ

まとめ

自動化の考え方には部分自動化、完全自動化の2つがあります(表1)。

繰返しが大企業に比べて少なく、煩雑な業務が多い中小企業にとって最も有効なソリューションは「完全自動化」です。

(もちろん、完全自動化は大企業にとっても有効ですが、この記事では中小企業向けに書いています。)

自動化種別/企業規模 大企業 中小企業
部分自動化 ×
完全自動化

【表1】自動化種別と企業規模

中小企業の場合、逆に部分自動化の手法を持ち込むと、業務の段取りが煩雑になり制御が効かなくなりがちだと思われます。

中小企業のユーザーの中でRPAの利用が進まないときには、この視点を持ち込んでみてください。

めーたん
めーたん

漠然とRPAを導入するんじゃなく、自動化の種類を理解したら効果が増すってことね!

業種や職種にもよるけど、はっきりとした意図をもって導入するのが成功のカギだね!

こさい
こさい

完全自動化について解説している著書

オープンソースソフトウェアを利用したRPAシステム構築の理論・構築・開発・運用を網羅した書籍です。完全自動化の考え方を使って構築しています。

オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
オープンソースで作るRPAシステム開発入門

あわせて読みたい


人気記事ランキング

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10