こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。
本記事ではDAFのインフラ技術について解説しています。

DAFとはデータ・オートメーション・ファクトリー(データの完全自動化工場)の略で、僕(小佐井)が提唱している業務の完全自動化を実現するためのフレームワークです。

DAF理論について次の記事で解説しています。

データ工場の工場そのものの解説なのね。

めーたん
めーたん
こさい
こさい

そうです。それではどうぞ!

完全自動化を支えるDAFに必要なインフラ技術とは

こさい
こさい

DAF技術を支えるサーバーやジョブ管理ツール等のインフラを説明します。

最小構成

DAFの最小構成はPC一台です(図1)。

本当に簡単な帳票作成などを自動化したい場合は、この構成で出来ます。

ジョブをタスクスケジューラでタイマー起動させることで、自動運用できます。

【図1】DAFの最小構成

通常構成

自動化の案件が増えてきて、毎朝10件以上のジョブを実行するようになると、上の構成では運用は難しくなります。従って、図2の構成を整えるとよいでしょう。

【図2】DAFの通常構成

各端末(PC)、サーバーの種別と用途は以下の通りです。

No

種別

用途

1

ジョブ管理サーバ

ジョブのリモート実行/進捗管理を行うジョブ管理ツールがインストールされている。

2

自動化サーバ

ジョブ実行環境がインストールされ、DB入出力、ETL処理、メール配信処理などをUIを使わずに実行する。

3

ロボット用端末(※1

RPAがインストールされたPC。UIを操作する処理に使う。

【表1】DAFの端末とサーバーの種別と用途

※1)高価なPCを用意する必要はありませんが、あまりに安価なPCを使って簡易的に構築すると、運用後に壊れ、業務が止まってしまう上に、復旧に余計な工数がかかってしまうので注意が必要です。

大きな規模の構成

さらに規模が大きくなると、ロボット用端末は複数用意する事が多くなるでしょう。

営業データ取得(入力)用端末、人事データ取得用端末、子会社のデータ取得用端末・・・等です。

【Memo】さらに考慮すべき機器
RPAやジョブのバックアップを取るためのストレージやロボット用端末が壊れた場合の予備用端末、開発用端末、テスト用端末を考慮した場合、この構成より大きくなります。

まとめ

こさい
こさい

DAFのインフラのイメージができましたね

DAFは自動化の規模によって、インフラを柔軟に構成できることがわかってもらえたと思います。

仮想化技術やクラウドサービスを有効に活用すれば、コストや拡張性を柔軟にコントロールすることが出来ます。

最初から大きなコストをかけることは、自動化の費用対効果から見て得策ではありません。結果を出して、経営層の信頼を得るにしたがって、スケールアップしてゆくのがよいでしょう。

関連する記事

僕の著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門」では、DAFを構築し運用する方法について詳しく解説しています。

まとめて知識を手に入れたい方は書籍をご購入ください。

DAF理論について全体像を把握するには次の記事をお読みください。


人気記事ランキング

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10