RPAツール入門サイト|著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門 」「失敗しないRPAシナリオ設計入門」「UiPath業務自動化最強レシピ」「WinActor業務自動化最強レシピ」

【無料ETL】Pentahoが起動しない場合

Pentaho

[オープンソースRPAシステムのETL機能サポート]

Spoon.batを実行してもPentahoの起動がしない場合のデバッグ方法について解説します。Pentahoのインストール方法の通り、「C:¥pentaho¥data-integration」に配置されているものとして説明します。

デバッグテキストを生成する

「C:¥pentaho¥data-integration」に「SpoonDebug.bat」というバッチファイルがありますので、これをダブルクリックします(図1)。

SpoonDebug.bat

図1:SpoonDebug.bat

コマンドプロンプトが起動し、ウィザード形式で質問されますので、すべて「Y(yes)」でこたえます(図2)。

SpoonDebug.batの実行

図2:SpoonDebug.batの実行

「C:¥pentaho¥data-integration」に「SpoonDebug.txt」が生成されますので、ダブルクリックします(図3)

図3:SpoonDebug.txtの起動

原因を特定する

Pentaho起動時のログが記録されていますので、起動しない原因を特定する助けになります。

パスが正しく認識されていない場合は環境変数を調整してください。例えば、以下のように表示されれば、パスが正しく設定されています。

DEBUG: Using JAVA_HOME
 DEBUG: _PENTAHO_JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jre1.8.0_111
 DEBUG: _PENTAHO_JAVA=C:\Program Files\Java\jre1.8.0_111\bin\java.exe

以下のようなエラーが表示される場合は、-Xmxで指定されたJavaヒープサイズ(メモリ割り当てプールの最大値)が連続した領域として確保できないために出力されたメッセージです。

Error occurred during initialization of VM
 Could not reserve enough space for 2097152KB object heap
 Java HotSpot(TM) Client VM warning: ignoring option MaxPermSize=256m; support was removed in 8.0

Spoon.batの94行目あたり
if “%PENTAHO_DI_JAVA_OPTIONS%”==”” set PENTAHO_DI_JAVA_OPTIONS=”-Xms1024m” “-Xmx2048m” “-XX:MaxPermSize=256m”の “-Xmx2048m” を “-Xmx1024m”に変えて保存してのち、実行してください。

Pentahoを使用している著書

Pentahoを利用したRPAシステム構築の理論・構築・開発・運用を網羅した書籍です。

オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
オープンソースで作るRPAシステム開発入門

小佐井宏之

(株)完全自動化研究所代表取締役|IT開発・運用歴20年以上のIT技術者|RPAの開発・運用実績が6年以上|『オープンソースで作る!RPAシステム開発入門』『UiPath業務自動化最強レシピ』『WinActor業務自動化最強レシピ』『実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門』の著者

PAGETOP
Copyright © 完全自動化研究所 All Rights Reserved.