RPAツール入門サイト|著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門 」「失敗しないRPAシナリオ設計入門」「UiPath業務自動化最強レシピ」「WinActor業務自動化最強レシピ」

【無料】Java 8のインストール方法を解説【Windows10で解説】

めーたん
めーたん
Java8をインストールしたいです!
簡単だよ
小佐井
小佐井

 2022年6月1日更新 

Java8のインストール方法を解説します。オープンソース・ソフトウェアにはJava上で動作するものが多いため、オープンソースを使う方はJavaをインストールしておきましょう。OSはWindows10で解説しています。

 

動作検証環境

動作検証は以下の環境で行っています。

OS:Windows10 Pro 64ビット版

 

Java 8のインストール方法を解説します

 STEP1  Javaのダウンロードサイトにアクセスする

Javaのダウンロードサイトにアクセスしてください。

URLhttps://www.java.com/ja/

 

 

 STEP2  [Javaのダウンロード]をクリックする

 

 

 

 STEP3  [Javaのダウンロード]をクリックする

ライセンスをよく確認してください。個人的な使用や開発目的での使用など、特定の使用が無償で許可されますが、以前のOracle Javaライセンスの下で許可されたその他の使用はできなくなりました。

ライセンスを確認したら、[Javaのダウンロード]をクリックしてください。

 

 

「jre-8u333-windows-x64.exe」のセットアップファイルがダウンロードが始まるので、任意のフォルダーに保存してください。

 

小佐井
小佐井
ダウンロードできたので、もう少しです!

 

 STEP4  セットアップファイルを起動する

保存したセットアップファイル(特に場所を指定せずにダウンロードしたらダウンロードフォルダに入る)をダブルクリックしてください。

 

 STEP5  セットアップを開始する

ユーザーアカウント制御の画面が表示される、「はい」をクリックしてください。

 

「Javaセットアップ-ようこそ」画面が表示される「インストール」をクリックしてください。

 

 

 STEP6  セットアップファイルを完了する

セットアップが完了したら「Javaセットアップ・完了」画面が表示されますので「閉じる」をクリックしてください。

 

小佐井
小佐井
これでJava8のインストールが完了です
できた!簡単でした!
めーたん
めーたん

関連するページ

RPAロボを作って学ぶ!プログラミングの基礎のトップページ

SikuliXで学ぶRPA超入門【豊富な画像と丁寧な説明です】

オープンソースソフトウェアを使った著書

RPAシステム構築の理論・構築・開発・運用を網羅しています。すべてのソフトウェアにオープンソースソフトウェアを利用しています。

オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
オープンソースで作るRPAシステム開発入門

PAGETOP
Copyright © 完全自動化研究所 All Rights Reserved.