こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。

このページでは、SikuliX IDE 1.1.1の画面上部にある謎のボタンの一つ「Offset」(図1)について、使い方を解説します。

【図1】Offset ボタン

【Memo】検証バージョン
OS:Windows10

SikuliXIDE1.1.1

それではどうぞ!

Offsetボタンの使い方【SikuliX】

Offsetボタンの使い方

ボタンをクリックするとRegion選択モードになります。

Regionの仕様については、以下の記事を参考にしてください。

さて、画面のある範囲を選択すると「Region(10,10,100,200).asOffset()」のように自動で記載されます。

Regionの引数は「左上の座標」「幅」「高さ」ですので、「Region(10,10,100,200).asOffset()」は、幅100、高さ200を位置として取得することを意味しています。

つまり、「Location(100,200)」の値と同じです。

こさい
こさい

正直、ほとんど使いません。

関連する記事

SikuliXのボタンの使い方を解説しています。

Locationボタンの使い方を解説しています。

Regionボタンの使い方を解説しています。

SikuliXを利用した書籍を出版しています。


人気記事ランキング

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10