こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。値の入った新規Excelファイルを作成する方法について解説します。

【Memo】検証バージョン
OS:Windows10

UiPath:Version 2021.10.8
クラシック デザイン エクスペリエンス

UiPath Studioの表示がモダン デザイン エクスペリエンスになっている場合は、以下の記事を読んでクラシックデザインに変更してください。

それではどうぞ!

値の入ったExcelファイルを新規作成するには

データテーブルを新規作成し、データテーブルの内容を新規作成したExcelワークブックに書き込みする、という手順です。

全体のワークフローを確認しよう

[データ テーブルを構築]アクティビティでデータテーブルを作成し、[範囲に書き込み]アクティビティでExcelファイルに書き込みます(図1)。

【図1】全体のワークフロー

では、1つ1つのアクティビティについて解説します。

データテーブルを新規作成するには

データテーブルを新規作成するには[データ テーブルを構築]アクティビティを使用します。

アクティビティパネルの[利用可能]→[プログラミング]→[データテーブル]の中に入っています(図2)。

【図2】[データ テーブルを構築]アクティビティの追加

データテーブルを構築する方法を順を追って解説します。

データテーブルを構築するには、[データ テーブルを構築]アクティビティ[データ テーブルを構築]をクリックします。

[データ テーブルを構築]画面が表示されます(図3)。

【図3】[データ テーブルを構築]をクリック

初期設定の列名は[Column1]と[Column2]なので、列を編集します。

Column1の[列を編集](鉛筆アイコン)をクリックすると、[列を編集]画面が表示されます。

[列名]に「氏名」と入力して、[データ型]はStringのままにして、[OK]をクリックします(図4)。

【図4】[Column1]を編集

もう一列も編集します。

Column2の[列を編集](鉛筆アイコン)をクリックすると、[列を編集]画面が表示されます。

[列名]に「年齢」と入力して、[データ型]はInt32のままにして、[OK]をクリックします(図5)。

【図5】[Column2]を編集

データテーブルの列が編集できたので次に値を入力します。

1行目に値を入力します(図6)。

【図6】1行目に値を入力

2行目にも値を入力して、[OK]を入力します(図7)。

【図7】2行目に値を入力

[データ テーブルを構築]画面が閉じます。

[データテーブル]の入力ボックスにカーソルを持っていき、[Ctrl]キー+[K]キーを押すと[変数を設定]が表示されます。

「dtName」と入力して、[Enter]キーを押すと、データテーブル型変数[dtName]が生成されます(図8)。

【図8】[データテーブル]に入力

これでデータテーブルを作成する部分のワークフローが完成しました。

Excelワークブックにデータテーブルの内容を書き出すには

次にこのデータテーブルの内容をExcelファイルに書き込むワークフローを作成します。

[範囲に書き込み]アクティビティを[データテーブルを構築]アクティビティの後に追加します(図9)。

【図9】[範囲に書き込み]アクティビティの追加

[範囲に書き込み]アクティビティの[ブックパス]に「”氏名と年齢.xlsx”」と入力して、[データテーブル]に変数[dtName]を指定します(図10)。

[ブックパス]に該当するExcelファイルが存在しない場合は、新規作成されます。

【図10】[範囲に書き込み]アクティビティのプロパティを設定-1

[ヘッダーの追加]のチェックボックスにチェックを付けます(図11)。このチェックを付けないとデータテーブルの列名が書き出されません。

【図11】[範囲に書き込み]アクティビティのプロパティを設定-2

これでワークフローは完成です。図12のようにワークフローが作成されていますか?

【図12】全体のワークフロー

実行する

このワークフローを実行すると、[氏名と年齢.xlsx]というExcelファイルが新規作成されて、[Sheet1]シートにデータテーブル型変数[dtName]のヘッダーと値が書き込まれます(図13)。

【図13】ワークフローの実行結果

まとめ

この記事では、最初から値が入力されたExcelファイルを新規作成するワークフローを解説しました。

最初にデータテーブルを構築して、値を入力します。

そのデータテーブルの内容をExcelファイルに書き込みます。

Excelファイルが存在しない場合は、同時に新規作成されます。

関連する記事

値を入力しないでExcelファイルを新規作成する方法について解説しています。

UiPathの書籍を出版しています。Excel操作についても多くの例を解説しています。


さらにUiPathに詳しくなるには

まとめてUiPathの知識を身に付けたい方は、ぜひ書籍をお読みください。

人気記事ランキング(UiPath)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10