UiPathで「空の」Excelドキュメントを作るにはどうすればいいの?
めーたん
めーたん
小佐井
小佐井
意外に迷うよね
この記事で解説すること
空のExcelファイルを作成する方法

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。

UiPathでExcelドキュメントを作成する場合、最初から値が入力されたExcelドキュメントを作成するケースが多いかと思います。

では、何も入力されていない空のExcelドキュメントを作成するにはどうすればいいでしょうか。

検証バージョン
OS:Windows11
UiPath Studio:バージョン2022.4.3 Community License
クラシック デザイン エクスペリエンス

UiPath Studioの表示がモダン デザイン エクスペリエンスになっている場合は、以下の記事を読んでクラシックデザインに変更してください。

それでは、どうぞ!

UiPathで新規の空のExcelドキュメントを作成するには

新規の空のExcelドキュメントを作成するアクティビティ

新規の空のExcelドキュメントを作成するには、[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティを使用します。

[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティをワークフローに配置したら、図1のように[ブックのパス]に作成したいファイルのパスを入力してください。

図1のようにファイル名のみを入力した場合は、このプロジェクトが保存されているフォルダー(プロジェクトフォルダーと呼ぶ)の直下にExcelファイルが作成されます。

図1:[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティ

[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティ[存在しない場合ファイルの作成]をオンにすることで(デフォルトでオンになっている)、新しいExcelドキュメントが作成されます(図2)。

図2:[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティパネル

実際にワークフローを作成して、試してみましょう。プロジェクトフォルダーの直下に新しくExcelファイルが生成されていれば成功です(図3)。

図3:Excelドキュメントが生成される

めーたん
めーたん
空のExcelドキュメントができました!

[存在しない場合ファイルの作成]をオフにしてみる

試しに[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティ[存在しない場合ファイルの作成]をオフにしてワークフローを実行すると、ランタイム実行エラーが発生します(図4)。

開く対象のファイルが存在しませんよ、というエラーです。

図4:ランタイム実行エラーが発生

さらに使いこなすには

UiPath業務自動化最強レシピ RPAツールによる自動化&効率化ノウハウ』では実践的なワークフローのサンプルを多数収録しています。