UiPath|空のExcelドキュメントを新規作成する方法

UiPath

UiPathを使って空のExcelドキュメントを作成したい!

そんなとき、ありますよね?空のExcelドキュメントを作って、そのExcelドキュメントを開いてから値を転記するとか。

値を入れた状態でExcelドキュメントを新規作成するパターンが多いから、空のExcelドキュメントを作る方法って意外にわからなかったりしたので、記録の意味もふくめて記事を作成します。

UiPath Studio2022.4.3のCommunity Licenseで検証しました。クラシックデザインエクスペリエンスでの検証なので、モダンデザインエクスペリエンスは対象外です。

それでは、さっそくどうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティを使う

新規の空のExcelドキュメントを作成するには、[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティを使用します。[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティに「Excelファイルを新規作成する」っていうイメージがないので、これでいいのかな?って思ってしまうんですね。

さて、[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティをワークフローに配置したら、図1のように[ブックのパス]に作成したいファイルのパスを入力してください。

図1のようにファイル名のみを入力した場合は、このプロジェクトが保存されているフォルダー(プロジェクトフォルダーと呼ぶ)の直下を示します。別の場所(ドキュメントフォルダーなど)に保存したいときは、絶対パスで書いてください。

図1:[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティ
図1:[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティ

ここからがポイントです!

[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティ[存在しない場合ファイルの作成]をオンにすることで(デフォルトでオンになっている)、新しいExcelドキュメントが作成されます(図2)。

図2:[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティパネル
図2:[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティパネル

はい、これだけです。というか、なにも設定を変えていませんが…。

実際にワークフローを作成して、試してみましょう。プロジェクトフォルダーの直下に新しくExcelファイルが生成されていれば成功です(図3)。

図3:Excelドキュメントが生成される
図3:Excelドキュメントが生成される

[存在しない場合ファイルの作成]をオフにしてみる

試しに[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティのプロパティ[存在しない場合ファイルの作成]をオフにしてワークフローを実行してみましょう!

やっぱり、ランタイム実行エラーが発生します(図4)。『開く対象のファイルが存在しませんよ』というエラーです。

図4:ランタイム実行エラーが発生
図4:ランタイム実行エラーが発生

プロパティ[存在しない場合ファイルの作成]が効いているってことですね!

まとめ

新規の空のExcelドキュメントを作成するには、[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティを使用するってことがわかりましたね。

空のExcelドキュメントを作って、そのドキュメントを開いて操作したいといった要望がときどきありますから、このテクニックを知っておくといいですね。あんまりないですけど。

普通は『値の入った状態のExcelドキュメントを作りたい』ってことの方が多いですよね。このように値を入力してExcelファイルを新規作成する方法については次の記事で解説しているので、併せてお読みください。

タイトルとURLをコピーしました