Power Automate Desktop|フローを途中で停止させる方法

Power Automate for desktopのフローの途中で停止させる方法を解説します。

みなさん、こんにちは。完全自動化研究所のこさいです。フローの途中で正常終了させたいときと異常終了させたいときに分かれるので、それぞれ解説します。それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。RPA開発および支援8年超
2) RPA関連の書籍を5冊出版。現在はGPT×PADの書籍を執筆中!
3)当サイトのプレミアム会員募集中!無限回答、動画見放題。詳しくはこちら

フローを途中で停止させる方

フローの途中でフローを停止するには[フローを停止する]アクションを使用します。当アクションは[フローコントロール]アクショングループに属しています。[フローの終了]にて、正常にフローを終了するか、エラーメッセージを出力して異常終了するかを選択できます。[エラーメッセージの表示]を選択した場合、エラーメッセージを入力するボックスが表示されます。

[エラーメッセージの表示]と言っても、エラーメッセージがポップアップ表示されるわけではありません。コンソールで実行したときには、フロー監視ウィンドウに表示されます。

フローを解説

正常終了するパターンと異常終了するパターンに分けて解説していきます。


会員様向けのコンテンツです。会員の方は、ログインをお願いします。
ログイン後のこの表示が出る場合は「ログイン後も表示が変わらない場合」をお読みください。

コメント ログインすると書き込めます