Power Automate Desktop|フローを途中で停止させる方法

Power Automate for desktopのフローの途中で停止させる方法を解説します。

みなさん、こんにちは。完全自動化研究所のこさいです。フローの途中で正常終了させたいときと異常終了させたいときに分かれるので、それぞれ解説します。それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

現在はChatGPTとPower Automate for desktopの書籍を執筆中!

フローを途中で停止させる方

フローの途中でフローを停止するには[フローを停止する]アクションを使用します。当アクションは[フローコントロール]アクショングループに属しています。[フローの終了]にて、正常にフローを終了するか、エラーメッセージを出力して異常終了するかを選択できます。[エラーメッセージの表示]を選択した場合、エラーメッセージを入力するボックスが表示されます。

[エラーメッセージの表示]と言っても、エラーメッセージがポップアップ表示されるわけではありません。コンソールで実行したときには、フロー監視ウィンドウに表示されます。

フローを解説

正常終了するパターンと異常終了するパターンに分けて解説していきます。

ユーザー様限定のコンテンツになっていますので、ログインをお願いします。無料ユーザー登録できますので、「はじめての方はこちら」のリンクをクリックしてください。承認終了後、ログインできるようになります。

既存ユーザのログイン

   

コメント ログインすると書き込めます

タイトルとURLをコピーしました