SikuliX|IF文の表記方法

Sikulix

SikuliXにおけるIF文の表記方法について解説します。

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

IF文の表記方法

SikuliXではPythonの条件分岐の表記方法を使います。

if 条件式1:
    条件式1が真の時に実行する処理
elif 条件式2:
    条件式1が偽で条件式2が真の時に実行する処理
elif 条件式3:
    条件式1及び条件式2が偽で条件式3が真の時に実行する処理
else:
    全ての条件式が偽の時に実行する処理

IF文の利用例(if exists)

SikuliXを使って画面を操作する際「条件によっては保存ダイアログが表示される」といった場合に利用します。

例えば、以下のシナリオです。

アプリケーションからファイルをダウンロードして、ローカルディレクトリに保存する

  1. アプリケーションからファイルをダウンロードしてローカルディレクトリに保存する
  2. 2回目実行すると、すでに同じ名前のファイルが存在しているので「上書きしますか?」というダイアログが表示される

1回目の処理と2回目の処理が異なりますので、条件分岐で対応します。

この場合、リスト1のプログラムで分岐します。

if exists([上書きしますか?ダイアログの画像],1):
    click([はいの画像])

リスト1 上書き確認の条件分岐

まとめ

SikuliXにおけるIF文の表記方法について解説しました。

また具体的な利用方法として、画面を操作する際「条件によっては保存ダイアログが表示される」といった例を元に解説しました。

「条件によっては保存ダイアログが表示される」という例については、以下の記事も使用方法を解説していますので、併せてお読みください。

タイトルとURLをコピーしました