めーたん
めーたん

モダンエクスペリエンスでExcelアプリケーションスコープに該当するアクティビティってなに?

すぐにはわからないよね。

こさい
こさい

クラシックエクスペリエンスで開発してきて、今後はモダンエクスペリエンスに移行しようかと考えているUiPath開発者の方、「Excelアプリケーションスコープの代わりに何を使えばいいんだろう?」って疑問に思っていませんか?

この記事では、Excelアプリケーションスコープに該当するモダンアクティビティがなにかが分かります。

それでは、どうぞ!

ExcelモダンでExcelアプリケーションスコープに該当するアクティビティは?

[Excelプロセススコープ]アクティビティと[Excelファイルを使用]アクティビティの組み合わせ

ExcelモダンでExcelアプリケーションスコープに該当するアクティビティは、[Excelプロセススコープ]アクティビティと[Excelファイルを使用]アクティビティの組み合わせです。

完全に一致するとは言えませんが、具体的な使い方を見て理解してください。

「SalesDetailData.xlsx」というExcelファイルを開いて、内容を読み取るワークフローです。

クラシックエクスペリエンスでは、[Excelアプリケーションスコープ]アクティビティでExcelファイルを指定し、[範囲を読み込み]アクティビティで内容を読み込んで、データテーブルに格納していました。

モダンエクスペリエンスではデータテーブルに格納しなくてもワークフローを構築できます(もちろん、データテーブルを使うこともできます)。

[Excelプロセススコープ]アクティビティの[実行]シーケンス内に、[Excelファイルを使用]アクティビティを追加して、Excelファイルを指定してください。

[Excelファイルを使用]アクティビティの使い方

[Excelファイルを使用]アクティビティの使い方を簡単に解説します。

[Excelファイルを使用]アクティビティの[実行]シーケンス内に[1行を書き込み]アクティビティを追加してみます。

[+(プラス)]アイコンがクリックできます。

[+]アイコンをクリックすると、[Excel][詳細エディターを開く][変数を作成]が選択できます。

[Excel]をクリックしてみましょう。

Excelが起動します(UiPath連携Excelアドインをインストールしてください)。

[UiPath]タブを選択してください。

セル[A2]の値を[1行に書き込み]アクティビティに設定するには、セル[A2]をクリックして、[確認]をクリックしてください。

Excelが閉じて、[1行に書き込み]アクティビティの[Text]に自動的に式が設定されます。

このように、データテーブルを意識せずにExcelファイル内のデータを扱うことができます。

また、UiPath連携Excelアドインにより、直接Excelを操作することで式を作成できます。

変数やプログラミングの知識をほとんど使わないでワークフローを作成できることが実感できますね。

関連する記事

関連する記事を紹介します。