Offsetボタンの使い方【SikuliX】

Sikulix
こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。

このページでは、SikuliX IDE 1.1.1の画面上部にある謎のボタンの一つ「Offset」(図1)について、使い方を解説します。

【図1】Offset ボタン

【Memo】検証バージョン
OS:Windows10

SikuliXIDE1.1.1

それではどうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

Offsetボタンの使い方【SikuliX】

Offsetボタンの使い方

ボタンをクリックするとRegion選択モードになります。

Regionの仕様については、以下の記事を参考にしてください。

さて、画面のある範囲を選択すると「Region(10,10,100,200).asOffset()」のように自動で記載されます。

Regionの引数は「左上の座標」「幅」「高さ」ですので、「Region(10,10,100,200).asOffset()」は、幅100、高さ200を位置として取得することを意味しています。

つまり、「Location(100,200)」の値と同じです。

こさい
こさい

正直、ほとんど使いません。

関連する記事

SikuliXのボタンの使い方を解説しています。

Locationボタンの使い方を解説しています。

Regionボタンの使い方を解説しています。

SikuliXを利用した書籍を出版しています。

タイトルとURLをコピーしました