Power Automate Desktop|エラーが発生するフローを作成する

Power Automate Desktop

この記事は、「Power Automate Desktop|エラー処理の方法」という記事の補足です。この記事だけでは、意味がわからないと思うので、こちら記事を先にお読みください。

↓↓

「Power Automate Desktop|エラー処理の方法」から、飛んできた人は、そのままお読みください。

記事の内容
  • フローの概要
  • フローの作成準備
  • フローの作成手順
  • フローの実行

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

フローの概要

テキストファイルを読み込んで()、演算を行い()、最後にメッセージボックスを表示する()簡単なフローを作成します。

フローの概要

フローの作成準備

STEP1 [エラーテスト.txt]を作成する

ドキュメントフォルダー内に[エラーテスト.txt]を作成してください。

エクスプローラーでドキュメントフォルダーを開き、右クリック⇒新規作成⇒テキストドキュメントをクリックしてください。

新規作成されたテキストファイルの名前を「エラーテスト」とすることで作成できます。

エラーテスト.txtの作成

[エラーテスト.txt]を開き、「1」と入力して上書き保存してください。

エラーテスト.txtの編集

STEP2 新規フロー[エラー処理]を作成する

Power Automate for desktopのコンソールを選択し、[新しいフロー]をクリックしてください。

[新しいフロー]をクリック

[フローを作成する]画面が表示されます。

[フロー名]に「エラー処理」と入力し、[作成]をクリックしてください。

フローを作成する

フローデザイナーが起動します。

フローデザイナーの起動

これで、準備は完了です!

フローの作成手順

STEP1 [コメント]アクションを追加する

アクションペインの[フローコントロール]グループ内の[コメント]アクションをワークスペースに追加してください。

[コメント]アクションの追加

[コメント]ダイアログが開くので、下図のようにコメントを入力し、[保存]をクリックしてください。

[コメント]アクションの設定

STEP2 [特別なフォルダーを取得]アクションを追加する

アクションペインの[フォルダー]グループ内の[特別なフォルダーを取得]アクションを[コメント]アクションの後に追加してください。

[特別なフォルダーを取得]アクションの追加

[特別なフォルダーを取得]ダイアログが開くので、[特別なフォルダーの名前]のドロップダウンリストから[ドキュメント]を選択してください。

[特別なフォルダーのパス]に自動的にドキュメントのパスが入力されます。ユーザー名はログインユーザー名ですので、環境によって異なります。

ドキュメントをOneDriveに設定している場合は、下図のパスとは異なるので注意してください。 [保存]をクリックしてダイアログを閉じてください。

[特別なフォルダーを取得]アクションの設定
【Memo】[特別なフォルダーの名前]の種類

[特別なフォルダーの名前]のドロップダウンリストは[ドキュメント]を含め、20種類あります。

[特別なフォルダーの名前]の種類

[お気に入り][デスクトップ]など、ユーザープロファイル(Windows10/11の場合は「C:¥Users\ログインユーザー名\」)の中のフォルダーを示すものが多いです。

※ログインユーザー名は環境によって変化します。

STEP3 [ファイルからテキストを読み取る]アクションを追加する

アクションペインの[ファイル]グループ内の[ファイルからテキストを読み取る]アクションを[特別なフォルダーを取得]アクションの後に追加してください。

[ファイルからテキストを読み取る]アクションの追加

[ファイルからテキストを読み取る]ダイアログが開くので、[ファイルパス]に「%SpecialFolderPath%\エラーテキスト.txt」と入力してください。

[内容の保存方法]のドロップダウンリストで[単一のテキスト]を選択してください。

[エンコード]のドロップダウンリストで[UTF-8]を選択してください。

[保存]をクリックしてダイアログを閉じてください。

[ファイルからテキストを読み取る]アクションの設定

STEP4 [変数の設定]アクションを追加する

アクションペインの[変数]グループ内の[変数の設定]アクションを[ファイルからテキストを読み取る]アクションの後に追加してください。

[変数の設定]アクションの追加

[変数の設定]ダイアログが開くので、[変数]に表示されている[NewVar]を[Result]に変更してください。

[値]に「%100 / FileContents%」と入力してください。

「%FileContents%」は{X}(変数の選択)を使うと入力間違いを防げます。

[保存]をクリックしてダイアログを閉じてください。

[変数の設定]アクションの設定

STEP5 [メッセージを表示]アクションを追加する

アクションペインの[メッセージボックス]グループ内の[メッセージを表示]アクションを[変数の設定]アクションの後に追加してください。

[メッセージを表示]アクションの追加

[メッセージの表示]ダイアログが開くので、[メッセージボックスのタイトル]に「成功」と入力してください。

[表示するメッセージ]に「フローの実行に成功しました」と入力し、[メッセージボックスを常に手前に表示する]を[有効]にしてください。

[保存]をクリックしてダイアログを閉じてください。

[メッセージを表示]アクションの設定

フローはこれで完成です!

フローを確認する

完成したフローは下図のようになります。

完成したフロー

できましたか?

それでは、次にフローを実行してみましょう。

フローの実行

2回実行します。

  1. エラーが発生しないパターン
  2. エラーが発生するパターン

エラーが発生しないパターン

最初は「エラーが発生しないパターン」です。

フローを実行してください。メッセージボックスが表示されるので、[OK]をクリックしてください。

フローの実行結果

このようにエラーは発生せず、正常終了します。

フロー変数を変数ペインで確認してください。

[FileContents]には「1」が格納されています。
[エラーテスト.txt]から値を読み込めていることがわかります。

また[Result]には「100」が格納されています。

[変数の設定]アクションで[値]に「%100 / FileContents%」と入力しましたが、その計算結果が格納されていますね。

エラーが発生するパターン

次に「エラーが発生するパターン」です。

まず、[エラーテスト.txt]の名前を[エラーテスト2.txt]に変更してください。

エラーテスト.txtの名前変更

では、フローを実行してください!

当然ですが、[エラーテキスト.txt]が見つからなくなるので、[ファイルからテキストを読み取ります]アクションでエラーが発生します。

エラーが発生したアクションが赤枠で囲われ、エラーパネルにエラーが表示されます。

エラー発生時の画面

はい、この記事で行うことは、ここまでです。

Power Automate Desktop|エラー処理の方法」の続きを読み進める場合は、他の記事でもエラーが発生するパターンを実行するので、[エラーテスト.txt]の名前を[エラーテスト2.txt]のままにしておいてください。

エラーテスト2.txtはそのままに

「Power Automate Desktop|エラー処理の方法」に戻って、続きを実施してください。
>>Power Automate Desktop|エラー処理の方法に戻る

タイトルとURLをコピーしました