SikuliXでファイルの存在をチェックするには

Sikulix
こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。SikuliXでファイルやディレクトリの存在をチェックする方法について解説します。

ファイルやディレクトリの存在をチェックするテクニックは、「ファイルが存在しないときには例外処理を行う」といった場合に利用します。

それではどうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

ファイルやディレクトリの存在をチェックするには

test.txt」というテキストファイルが「C:\test」の中に存在する場合を解説します。

実際に「test.txt」を作成してスクリプトを試してみてください。

ファイルとディレクトリを区別しない時


# -*- coding: utf-8
import os

path = "C:\\test"

print os.path.exists(path)

【リスト1】ファイルとディレクトリを区別しない

test.txt」というテキストファイルが存在するので場合、Trueが返ってきます。

同じようにpath = “C:\\test\\test.txt”の場合でも、Trueが返ってきます。

ディレクトリでもファイルでも、存在していればTrueが返ります。

ファイルを調べる時


# -*- coding: utf-8
import os

path = "C:\\test\\test.txt"

os.path.isfile(path)

【リスト2】ファイルの存在を調べる

この場合、Trueが返ってきます。

変数pathの中身が、ファイルでない場合Falseが返ってきます。

ディレクトリを調べる時


# -*- coding: utf-8
import os

path = "C:\\test"

os.path os.path.isdir(path)

【リスト3】ディレクトリの存在を調べる

この場合、Trueが返ってきます。

変数pathの中身が、ディレクトリでない場合Falseが返ってきます。

関連する記事

タイトルとURLをコピーしました