SikuliXで外部アプリケーションを起動するには

Sikulix

最終更新日:2022年8月26日

こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。
SikuliXから直接アプリケーションを起動する関数について解説します。

SikuliXにはアプリケーションを操作するためのAppクラスが用意されています。

このページではSikuliXから直接アプリケーションを起動する関数App.open()について解説します。

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

SikuliXで外部アプリケーションを起動するには

動作確認環境

  • SikuliX1.1.1
  • OS:Windows10

SikuliXで外部アプリケーションを起動する関数App.open

以下のページではメモ帳を起動するためにsubprocessモジュールのPopen関数を使いましたが、どちらでも起動できます。

上記のページと同じく、メモ帳を開いて、文字を入力する処理をプログラムしてみます(リスト1)。


import os

app1 = os.path.join(os.environ['WINDIR'],'notepad.exe')   #メモ帳へのパス

#メモ帳を開く
App.open(app1)

sleep(1)   #ちゃんと開くまで1秒待つ

s = u"メモ帳が立ち上がりました。"
paste(s)

リスト1

SikuliXを実行する

うまくメモ帳が起動して、下図のようにテキストが書き込まれたはずです(図1)。

図1:起動したメモ帳

関連記事

SikuliXから直接アプリケーションを起動する方法は他にもあります。次の記事をお読みください。

SikuliXのインストール方法を解説しています。

タイトルとURLをコピーしました