SikuliXで外部アプリケーションを起動するには【subprocess.Popen】

Sikulix
こさい
こさい

こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。
SikuliXを使って外部アプリケーションを起動する方法を解説します。

この記事ではSikuliXからメモ帳を起動するプログラムを記載しています。

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

SikuliXで外部アプリケーションを起動するには

Sikulixから外部アプリケーションを起動するにはsubprocessを使います。

デスクトップ上にテキストファイル「sample.txt」がある状態で起動させます(テキストファイルが無い場合は起動されないように条件分岐しています)。

# -*- coding: utf-8
import subprocess

app1 = os.path.join(os.environ['WINDIR'],'notepad.exe')   #Notepad.exeへのパス
txt1 = os.path.join(os.environ['USERPROFILE'],"Desktop",'sample.txt')   #サンプル

if os.path.isfile(txt1):
   subprocess.Popen([app1, txt1])
こさい
こさい

「sample.txt」が起動しましたか?

関連する記事

タイトルとURLをコピーしました