2022年6月1日更新 

この記事ではJava8のインストール方法を解説します。

動作検証環境
OS:Windows10 Pro 64ビット版

それでは、どうぞ!

僕の信頼性
こさい
こさい

完全自動化研究所の小佐井です

1) IT歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

【無料】Java 8のインストール方法を解説

STEP1 Javaのダウンロードサイトにアクセスする

Javaのダウンロードサイトにアクセスしてください。

URLhttps://www.java.com/ja/

Javaのページが表示されます(図1)。

図1:Javaのページ

STEP2[Javaのダウンロード]をクリックする

Javaのページの[Javaのダウンロード]をクリックしてください(図2)。

図2:[Javaのダウンロード]をクリック

Javaのダウンロードページが表示されます(図3)。

図3:Javaのダウンロードページ

STEP3 [Javaのダウンロード]をクリックする

ライセンスをよく確認してください。

個人的な使用や開発目的での使用など、特定の使用が無償で許可されますが、以前のOracle Javaライセンスの下で許可されたその他の使用はできなくなりました。

ライセンスを確認したら、[Javaのダウンロード]をクリックしてください(図4)。

図4:[Javaのダウンロード]をクリック

こさい
こさい

update333のところはアップデートされると変わるよ

jre-8uXXX-windows-x64.exe」のセットアップファイルがダウンロードが始まるので、任意のフォルダーに保存してください。

こさい
こさい

ダウンロードできたので、もう少しです!

STEP4 セットアップファイルを起動する

保存したセットアップファイル(特に場所を指定せずにダウンロードしたらダウンロードフォルダに入る)をダブルクリックしてください(図5)。

図5:セットアップファイルをダブルクリック

STEP5 セットアップを開始する

ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、[はい]をクリックしてください。

「Javaセットアップ-ようこそ」画面が表示される[インストール]をクリックしてください(図6)。

図6:[インストール]をクリック

インストールが開始されます(図7)。

図7:[Javaセットアップー進行中]画面

STEP6 セットアップファイルを完了する

セットアップが完了したら「Javaセットアップ・完了」画面が表示されますので、「閉じる」をクリックしてください(図8)。

図8:[Javaセットアップー完了画面

こさい
こさい

これでJava8のインストールが完了です

できた!簡単でした!

めーたん
めーたん

オープンソース・ソフトウェアを使って無料でRPAシステムを構築する書籍を出版しています。以下の記事で書籍の内容を解説してるので、ぜひお読みください。


人気記事ランキング

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10