Power Automate Desktop|フローをデバッグする方法

Power Automate for desktopのフローのデバッグする方法を解説します。デバッグモードで実行しているときに、フローを途中で止めることで、フローが動作している途中の変数の値を確認したり、止めたアクションから1ステップずつ実行したりすることができます。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

現在はChatGPTとPower Automate for desktopの書籍を執筆中!

フローをデバッグする方法

フローの実行を途中で中断するにはブレークポイントを設定します。止めたいステップの左側をクリック、またはステップをクリックしてから[F9]キーを押すことでブレークポイントが設定されます。赤い丸が表示されるのでわかります。

フローを実行する

ユーザー様限定のコンテンツになっていますので、ログインをお願いします。無料ユーザー登録できますので、「はじめての方はこちら」のリンクをクリックしてください。承認終了後、ログインできるようになります。

既存ユーザのログイン

   

コメント ログインすると書き込めます

タイトルとURLをコピーしました