Power Automate Desktop|メール本文からテキストを抽出する方法

Power Automate for desktopを使って、メール本文からテキストを抽出する方法を解説します。

受信したメールメッセージの内容からメールアドレスや日時などの特定の内容(エンティティと呼びます)を取得して、後続のフローで使用したいケースがあります。本記事では、メール本文からメールアドレスを抽出する例を解説します。フローを作ってもらえば、下図のメール本文から「taro.test@outlook.jp」が抽出できます。

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

現在はChatGPTとPower Automate for desktopの書籍を執筆中!

メール本文からテキストを抽出する方法

メール本文からテキストを抽出するには[エンティティをテキストで認識する]アクションを使用します。[エンティティをテキストで認識する]アクションは[テキスト]アクショングループ内に格納されています。

[認識を行うテキスト]にエンティティを認識するテキストを入力します。本記事の例で言うと「メール本文」です。次に[エンティティの種類]を選択します。エンティティの種類は16種類用意されています。[日次][数値][メール]といった定型のエンティティが用意されているので、下図をよく確認してください。

認識されたエンティティは、[生成された変数]に格納されます。

メール本文からテキストを抽出するフローを作成しよう

ユーザー様限定のコンテンツになっていますので、ログインをお願いします。無料ユーザー登録できますので、「はじめての方はこちら」のリンクをクリックしてください。承認終了後、ログインできるようになります。

既存ユーザのログイン

   

コメント ログインすると書き込めます

タイトルとURLをコピーしました