こんにちは。完全自動化研究所の小佐井です。

UiPathを使ってGoogle Chromeを操作するためには、UiPath拡張機能のインストールが必要です。

この記事ではUiPath拡張機能をGoogle Chromeにインストールする方法を図を使ってわかりやすく解説します。

検証バージョン
OS:Windows11
UiPath Studio:バージョン2022.4.3 Community License
私の信頼性

1) IT歴20年。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業において2016年からRPA内製化をサポートしています
3) RPA関連の書籍を4冊出版しています

小佐井
小佐井
この記事は次のような人に向いているよ
・UiPath初心者の方
・UiPathでChromeを操作したい方

それでは、どうぞ!

UiPath拡張機能のインストールの前に

インストール前にGoogle Chromeを閉じておいてください(WindowsのタスクマネージャーでGoogle Chromeのタスクが残っていればタスクを終了してください)。

UiPath拡張機能のインストール

それではUiPath拡張機能をインストールしましょう!

STEP1

UiPath Studioを起動し、UiPath Studioの[ホーム]画面の[ツール]タブをクリックし(図1

)、[UiPath 拡張機能]を選択し(図1❷)、[Chrome]の[インストール]をクリックする(図1❸)。

図1:[UiPath拡張機能]

STEP2

[拡張機能を設定]画面が表示されるので、[OK]をクリックする(図2)。

図2:[拡張機能を設定]ダイアログ

注意 Google Chromeを起動していた場合

Google Chromeを起動していた場合、図3のメッセージが表示されます。

[キャンセル]をクリックし(図3❶)、「インストールがキャンセルされました」というメッセージが表示されたら、[OK]をクリックしてください(図3❷)。

図3:[拡張機能を設定]ダイアログ

Google Chromeを閉じて、もう一度STEP1の操作を行ってください。

STEP3

Google Chromeを起動すると[「UiPath Web Automation」が追加されました]がポップアップするので、[拡張機能を有効にする]をクリックする(図4)。

図4:[拡張機能を有効にする]をクリック

このポップアップが表示されなかった場合は、GoogleChromeで[UiPath Web Automation]を有効化してください(Google Chromeの[設定]→[拡張機能]で表示される)。

UiPath拡張機能の確認方法

UiPath拡張機能がインストールされているか確認するには、Google Chromeの右上部の[拡張機能]をクリックして[UiPath Web Automation]が表示されていることを確認してください(図5)。

図5:[UiPath Web Automation]が表示されている

小佐井
小佐井
これでUiPathがGoogle Chromeを操作する準備が整ったよ!

さらにUiPathに詳しくなるには

この記事は『UiPath業務自動化最強レシピ RPAツールによる自動化&効率化ノウハウ』の中から抜粋して、Web向けに書いています。

まとめてUiPathの知識を身に付けたい方は、ぜひ書籍をお読みください。

関連する記事

Google Chromeを操作するワークフローをレコーディング機能を使って作成します。