RPAの仕組み【図解でわかりやすく解説】

RPAの知識

RPAの仕組みを調べると、開発画面とかロボットとか、いろんな言葉が出てくるけど、なにがどうなっているの?全体の仕組みを、図解して教えてください。

という疑問に答えてみようと思います。

記事の内容

「RPAツールの仕組み」と「RPA実行環境の仕組み」の2つに分けて解説します。最後に「RPAとRDA」というトピックに簡単に触れて、終わります。

  • [1] RPAツール(ソフトウェア)の仕組み
  •  部品
  •  プログラム(シナリオ)
  •  シナリオ作成ツール
  •  ロボット
  • [2] RPA実行環境の仕組み
  •  全部入りパターン
  •  開発実行分割パターン
  •  一元管理パターン
  • [3] RPAとRDA
記事の信頼性

記事を書いている僕は、RPA関連の書籍を5冊出版しているRPAの専門家です。7年以上、複数の会社でRPAの導入・開発・運用に携わっています。

読者さんへの前書き

RPAと一口に言っても、様々なツールがあります。

この記事では、日本でシェアが大きいUiPath、WinActorを意識して解説します。この2つはだいたい同じような仕組みですから。

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

[1] RPAツール(ソフトウェア)の仕組み

RPAツールの仕組みについて、簡単に解説していきます。

 部品

最初は「部品」からです。

RPAツールには、自動化の部品が最初から用意されています。

部品
部品

上図にあるように、

  • Excel起動
  • ブラウザー起動
  • ボタンクリック
  • テキスト入力
  • メール送信

などが、最初から部品として用意されています。

 プログラム(シナリオ)

これらの部品を並べて、プログラムを作ります。
下図のようなイメージですね。

シナリオ
シナリオ

これで、複雑な自動化処理を組むことができるわけです。

RPAではこういった処理の記述を「プログラム」とは呼ばないで、「シナリオ」と呼ぶことが多いから、今後はシナリオと呼びますね。

「業務のシナリオを書く」というイメージで、表現しているわけです。部品を組み合わせて、シナリオを作る、というところまでわかりましたね。

 シナリオ作成ツール

さて、このシナリオを作るためには、専用のツールが必要。

ここでは「シナリオ作成ツール」と呼びます。

シナリオ作成ツール
シナリオ作成ツール

シナリオ作成ツールを使って、シナリオA、シナリオBというように、たくさんのシナリオを作ります。

ここまでOKですね? では、続きです。

 ロボット

作成したシナリオは、置いておくだけでは動きません。なので、作成したシナリオを動かすためのツールが必要です。

これを「ロボット」と呼びます。

ロボット
ロボット

「ロボットがシナリオを動かす」というのは、システム的な言い方かな?

一般的な言い方だと、「ロボットにこういうことをしてくださいね、というシナリオを渡す」ということになります。

ともかく、ロボットがシナリオ通りに自動化を実行してくれるわけです!

ただし!
「シナリオ作成ツール」から、シナリオを実行することもできるので、シナリオ作成ツールのことをロボットと呼ぶツールもあります(UiPathやWinActorは違いますが)。

ややこしいですね。

「ロボット」の指し示す対象については、さらに色々なパターンがあるので、後ほど、もう一度出てきます。

[2] RPA実行環境の仕組み

ここまでの仕組みは、ソフトウェアについて、でした。いったん、頭の片隅に置いておいてください。

さて、ここからは、パソコン(ハードウェア)を含めた環境について、解説します。

3つのパターンがあるので、シンプルな方から順番に解説しますね。

 全部入りパターン

1つ目は、全てのツールを1つのパソコン(PCと呼ぶ)に入れて、運用するパターンです。

全部入りパターン
全部入りパターン

『全部入りパターン』とでも呼びましょうか。

『全部入りパターン』では、

  • シナリオ作成ツール
  • シナリオ
  • ロボット

が全て1台のPCに入っています。

自分のPCでシナリオを作って、自分のPCで動かすわけです。
シンプルですね。

すべて、入っているので、RPAツールがインストールされているPCのことを「ロボット」と呼ぶこともあります。

このときは、シナリオ作成ツール、シナリオもロボットですし、厳密な定義はあまり意味がありません。

けっこう、RPAに対して、この『全部入りパターン』をイメージしている人が多いかも。

 開発実行分割パターン

2つ目は、「開発用のPC」と「実行用のPC」を分けるパターンです。

開発実行分割パターン
開発実行分割パターン

『開発実行分割パターン』と呼びましょう。

開発担当者は、開発PCでシナリオ作成ツールを使って、シナリオを作ります。

開発PCでテストを行って、「ちゃんと動くな、よし完成!」となったら、実行PCにシナリオを置きます。

このことを

  • 実行PCにシナリオを「配置」する
  • 開発PCから実行PCに、シナリオを「配布」する

などと、言います。

実行PCでは、開発せず、シナリオを実行するだけです。

この『開発実行分割パターン』だと、開発ライセンスの数を少なくできるので、中規模(実行PCが10台未満)になってきたとき、費用面でメリットがあります。

 一元管理パターン

3つ目は、複数の開発PCと実行PCを、運用管理ツールで一元管理するパターンです。

一元管理パターン
一元管理パターン

『一元管理パターン』と呼びますね。

『開発実行分割パターン』で、問題が発生するくらいの規模になったときに有効です。

たとえば、下記のような問題です。

  • シナリオが多くなってきて、どの実行PCでどのシナリオが動いているか、分かりにくい
  • 実行PCが多くて、シナリオの配布がめんどくさい
  • ライセンス数が何十、何百になって、管理ができない

また、こういう要望も出てきます。

  • シナリオのバージョン管理をしたい
  • 自動的にスケジュール実行したい
  • 自動実行した結果を一元管理したい
  • セキュリティを強化して、部署によって実行できるシナリオを限定したり、ユーザーによって権限を制限したい

こういった課題・要望を解決するために、運用管理ツールで一元的にコントロールするわけです。大きな企業で、大規模に自動化をすすめるなら、必要ですよね。

それだけに、このツールは高価です。

[3] RPAとRDA

最後に「RPAとRDA」という名称について、少しだけ解説します。

前のセクションで、『全部入りパターン』『開発実行分割パターン』『一元管理パターン』と3つの実行環境を解説しました。

この中で、本当の意味で「RPA」と呼べるのは、『一元管理パターン』です。

『全部入りパターン』は、RDA(ロボティック・デスクトップ・オートメーション)と言われる領域です。

「自分のPCを自動化する」ことはできるけど、「業務プロセスを自動化する」という領域には至っていないよ、というニュアンスがあります。

『開発実行分割パターン』も、どちらかというとRDAですね……。

RPAとRDAの違いについて、興味がある方は以下の記事をお読みください。

はい。と、いうわけで、この記事は以上です。

だいぶ、RPAの仕組みがわかっていただけたんじゃないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました