Power Automate Desktop|できること、できないこと

RPAの知識

Power Automate for desktopを使ってみたいけど、そもそも、なにができるの?Power Automate for desktopでできないことってなに?

とモヤモヤしている初心者の人に向けて、Power Automate for desktopで「できること」「できないこと」を整理しました。

この記事では、

  • Power Automate for desktopでできること5選
  • Power Automate for desktopでできないこと4選

を解説しています。

こんにちは。完全自動化研究所のこさいです。

僕は、Power Automate for desktopを仕事に使っていますし、本も書いています。
>>Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

まずは、できることを見ていきましょう!!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

Power Automate for desktopでできること5選

ずばり、Power Automate for desktopを使いこなすと、パソコンで行う操作はすべて自動化することができます。

「すべてってなに?」と思いますよね。

そこで、業務の種類ごとに5種類、解説していきます。

デスクトップ作業を効率化できる

Power Automate for desktopは、人間がパソコンを操作するのと同様に、マウスやキーボードを操作することができます。

画像を見つけ、マウスでクリックする

なんてこともできますよ。

あと、よく使うのが、

フォルダーやファイルを操作する

こと。

  • ファイルを移動させて、名前を変えている
  • CSVファイルを読み書きする
  • ファイルが存在するときだけ、何らかの処理を行う

なんてことも、できます。

もちろん、「デスクトップアプリケーションを使っている」というときでも、自動化できます。

レコーディング機能が備わっているので、

普段の業務手順を記録して、フローを作る

ことで、フローの作成工数を削減できますよ。

Excel業務を効率化できる

業務で頻繁に使われるのが、Excelですよね。

ExcelもPower Automate for desktopもMicrosoft社の製品。
当然、相性はバツグン!です。

「新しいExcelドキュメントを作成して、文字を入力する」
といった処理は簡単に作れます。

もちろん、

  • ワークシートを追加する/削除する
  • Excelドキュメントに名前を付けて保存する

といったことも、部品を配置するだけ。

既存のExcelドキュメントからデータを取得して、別のExcelドキュメントに転記したり、Webシステムに入力したり、、

Excelを使った業務は自動化しやすいです。

PDF業務を効率化できる

PDFファイルからデータを取得して、利用することもできます。

請求書がPDFファイルで送られてくるので、Excelに転記しないといけない

といった業務、多いですよね。

PDFファイルからデータを読み取るには、2つの方法が選べます。

  • データテーブルの形で読み取る
  • テキスト形式で読み取る

いろんな形式のPDFファイルがあるから、これで対応できますね。
でも、少し、プログラミングの知識が必要かな。

Webサイトを使った業務を効率化できる

Google Chrome、Microsoft Edge、など主要なブラウザーの操作を自動化できますよ。

  • ブラウザー上のボタンやリンクをクリックする
  • Webサイトにデータを入力する
  • Webサイトからデータを取得する

クラウドサービスを利用する業務って、多いですからね。

メールを使う業務を効率化できる

Microsoft Outlookを使っているなら、Outlook用のアクションがあるので、カンタン。

Outlookを使っていなくても、メールの送受信するアクションがあります。

作成した帳票をメール送信する、とか、メールを受けて業務を行う、という自動化が作成できます。

Power Automate for desktopにできないこと4選

Power Automate for desktopは、できないこともあります。

4つ解説します。

フローを簡単に共有できない

無料アカウントでもアクションをコピーしてテキストとして保存し、他のユーザーに渡すことができます。

でも、会社内で多くの人がPower Automate for desktopを使うようになって、

多人数でフローを簡単に共有したい!

という状態になってきたら、「テキストファイルを共有する」という方法では手間がかかります。

「もっと、スマートにフローを共有したい」と言う場合は、有償アカウントが必要となります。

詳しくは以下のURLをご参照ください。
>>MicrosoftPowerAutomateドキュメント:デスクトップフローを管理する

スケジュール実行ができない

毎朝7時から売上集計表を自動的に作成し、8時ちょうどに関係者にメール送信したい

といった要望がある場合は、毎日手動で実行するのはキツイ……。

だから、スケジュールを設定して自動実行したい!

こうなると、有償アカウントが必要となります。
>>Power Automate 価格
(「アテンド型 RPA のユーザーごとのプラン」以上が必要です)

実行結果を遠隔で確認できない

個人的にPower Automate for desktopを利用しているときは、フローの実行結果を管理する必要はありません。

でも、企業としてPower Automate for desktopを運用していくなら、

フローが想定通りに実行されているかどうかを遠隔で管理したい!

となってきます。

こういう場合は、有償アカウントが必要となります。

詳しくは以下のURLをご参照ください。
>> Microsoft Power Automateドキュメント:デスクトップフローの実行を監視する

Windows10より前の作業環境を自動化できない

Power Automate for desktopはWindows10と11でしか動作しません。

Power Automate for desktopを使いたい場合は、Window10以降のOSに変更してください。

もちろん、Macでも動きません。

まとめ

この記事では、Power Automate for desktopで「できること」と「できないこと」を書いてきました。

最初の方で、「Power Automate for desktopを使いこなすと、パソコンで行う操作はすべて自動化することができます」と書きましたが、なんとなくわかってもらえたんじゃないでしょうか。

Power Automate for desktopを使って、業務を自動化した例を次の記事でまとめているので、併せてお読みください。
>>Power Automate Desktopの活用事例7選

「Power Automate for desktopの使い方を覚えたら、仕事がすっごく楽になるんじゃないか?」と思えたなら、本を読むと次のステップに行けますよ。
>>Power Automate Desktopのおすすめの本5選

タイトルとURLをコピーしました