Power Automate desktop|For eachの使い方

For eachって使い方よくわからないな。Loopとどう違うの?

という疑問に答えます。

この記事でわかること

For eachの使い方
For eachとLoopの違い

それでは、どうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

現在はChatGPTとPower Automate for desktopの書籍を執筆中!

For eachの使い方

リストやデータテーブルのアイテム数分ループ処理を行うときは[For each]アクションを使用します。

実行のたびに行数が変動するExcelデータやCSVデータなどを操作するときに必要なテクニックです。

[For each]アクションの使い方

[反復処理を行う値]にはループ処理を行うリスト、データテーブルなどの値を入力します。

[保存先]には[反復処理を行う値]で指定されたリストやデータテーブルの現在の値が格納されます。

[CurrentItem]には現在の値が格納される

[For each]アクションを使ったフローの例を基に解説します。リスト型変数[List1]には「A」「B」「C」という3つのテキストが格納されています()。

[For each]アクションにより、リスト内のアイテムがなくなるまで、1つずつループ処理が行われます()。

変数[CurrentItem]には現在の値が格納されます()。

このフローを実行するとメッセージボックスが3回表示されます。リスト[List1]には3つのアイテムが格納されているからです。メッセージに変数[CurrentItem]の値が表示されるようになっているので、「現在の値:A」「現在の値:B」「現在の値:C」と表示されます。

こさい
こさい

For eachがだいたいわかりましたか?もっと理解するために、Loopとの違いを見ていきましょう!

LoopとFor eachの違い

ユーザー様限定のコンテンツになっていますので、ログインをお願いします。無料ユーザー登録できますので、「はじめての方はこちら」のリンクをクリックしてください。承認終了後、ログインできるようになります。

既存ユーザのログイン

   

コメント ログインすると書き込めます

タイトルとURLをコピーしました