RPAツール入門サイト|著書「オープンソースで作る!RPAシステム開発入門 」「失敗しないRPAシナリオ設計入門」「UiPath業務自動化最強レシピ」「WinActor業務自動化最強レシピ」

UiPathをクラシック エクスペリエンスに変更する方法

UiPathのアクティビティの解説をみたら、自分の環境には無いものだった!ってことはありませんか?

それはモダン エクスペリエンスになっているのかもしれません。

  • この記事でわかること

・「モダン エクスペリエンス」のUiPath Studioを「クラシック エクスペリエンス」に変更する方法

  • 検証環境

・OS:Windows11

・UiPath Studio CE:バージョン2022.4.3

1 モダン エクスペリエンスとは

UiPathの バージョン2020.4以降 をインストールした場合、「モダン エクスペリエンス(モダン デザイン エクスペリエンス)」がデフォルトになっており、 新しいアクティビティ、一体型レコーダー、新しいデータ スクレイピング ウィザードを使用してターゲット UI 要素を識別、設定、検証するための新たな方法が提供 されています。

例えばExcel関連のアクティビティは全面的に、以前とは変わっています(図1)。

図1:モダン エクスペリエンス

2 クラシック エクスペリエンスとは

バージョン2020.4より前のデザインは「クラシック エクスペリエンス」と呼ぶようになったそうです。

モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの違い具体的な違いについては「モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの違い」をご覧ください。

【Memo】昔から使っている人はクラシック エクスペリエンスのまま
バージョン2020.4以前からUiPath Studioを利用していた場合は、自動的にモダン エクスペリエンスに切り替わってしまうわけではなく、別途設定しないかぎりはクラシック エクスペリエンスのままです。

3 クラシック エクスペリエンスに変更してください

私の書籍『UiPath業務自動化最強レシピ RPAツールによる自動化&効率化ノウハウ』や本サイトは、クラシック エクスペリエンスを前提にして書いていますので、私の書籍やサイトを参考にしてワークフローを開発していただける方は、 クラシック エクスペリエンスに変更してください 

4 クラシック エクスペリエンスに変更するには

 STEP1 [ワークフロー アナライザーの設定]をクリックする

[ファイルの分析]は灰色表示になっていますが、気にせずクリックしてください(図2❶)。

図2:[ワークフロー アナライザーの設定]

 STEP2 [プロジェクト設定]画面を操作する

[プロジェクト設定]画面が起動するので、操作します(図3❶❷❸)。

図3:[プロジェクト設定]画面

[再読み込み]のクリック(図3❸)後、しばらく時間がかかります。

 STEP3  クラシック エクスペリエンスに変更されたことを確認する

図4:クラシック エクスペリエンス

5 今後もクラシック エクスペリエンスでいいの?

現時点では、 クラシック エクスペリエンスを使って問題なさそう です。今後はモダン エクスペリエンスの開発に力を入れていくでしょうから、いずれはモダン エクスペリエンスの学習も必要でしょうね。

本サイトでもモダン エクスペリエンスに取り組んでいきたいと考えています。

6 UiPath関連の著書

UiPath業務自動化最強レシピ RPAツールによる自動化&効率化ノウハウ』では実践的なワークフローのサンプルを多数収録しています。

 

3. 当ページに疑問があるときは

お問い合わせ画面からお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 完全自動化研究所 All Rights Reserved.