「UiPathを使ってみようと思ったけど、なんか画面が違うみたい…。」と困っている人、それはモダン (デザイン)エクスペリエンスになっているのかもしれません。

この記事では

  • モダンエクスペリエンスかどうか確認する方法
  • モダン エクスペリエンスから以前のエクスペリエンスに戻す方法

を解説します。

検証バージョン
OS:Windows11
UiPath Studio:バージョン2022.4.3 Community License

それではどうぞ!

僕の信頼性
こさい
こさい

完全自動化研究所の小佐井です

1) IT歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

モダン エクスペリエンスかどうか確認するには

UiPathの バージョン2020.4以降 をインストールした場合、「モダン エクスペリエンス(モダン デザイン エクスペリエンス)」がデフォルトになっており、 新しいアクティビティ、一体型レコーダー、新しいデータ スクレイピング ウィザードを使用してターゲット UI 要素を識別、設定、検証するための新たな方法が提供 されています。

例えばExcel関連のアクティビティは全面的に、以前とは変わっています(図1)。リボンもかなり変わっており、[レコーディング]も[アプリ/Webレコーダー]になっています。

図1:モダン エクスペリエンス

めーたん
めーたん
そうです。今のStudioの画面はこうなっています!

バージョン2020.4より前のデザインは「クラシック エクスペリエンス(クラシック デザイン エクスペリエンス)」と呼ぶようになったそうです。

モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの違い具体的な違いについては「モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの違い」をご覧ください。

【Memo】昔から使っている人はクラシック エクスペリエンスのまま
バージョン2020.4以前からUiPath Studioを利用していた場合は、自動的にモダン エクスペリエンスに切り替わってしまうわけではなく、別途設定しないかぎりはクラシック エクスペリエンスのままです。

クラシック エクスペリエンスに変更する方法

 STEP1 [ワークフロー アナライザーの設定]をクリックする

プロジェクトを作成したら、Mainワークフローを開いた状態で、デザインタブの[ファイルの分析]をクリックしてください(図2❶)。メニューが表示されるので、[ワークフロー アナライザーの設定]をクリックしてください(図2❷)。

図2:[ワークフロー アナライザーの設定]

 STEP2 [プロジェクト設定]画面を操作する

[プロジェクト設定]画面が起動するので、操作します(図3❶❷❸)。

図3:[プロジェクト設定]画面

[再読み込み]のクリック(図3❸)後、しばらく時間がかかります。

 STEP3  クラシック エクスペリエンスに変更されたことを確認する

図4:クラシック エクスペリエンス

めーたん
めーたん
アクティビティが変わった!

まとめ

この記事ではモダンエクスペリエンスからクラシックエクスペリエンスに変更する方法を解説しました。

僕の書籍『UiPath業務自動化最強レシピ RPAツールによる自動化&効率化ノウハウ』や本サイトは、クラシック エクスペリエンスを前提にして書いていますので、私の書籍やサイトを参考にしてワークフローを開発していただける方は、 クラシック エクスペリエンスに変更してください 

「今後もクラシック エクスペリエンスでいいの?」と思う人もいると思いますが、現時点では、 クラシック エクスペリエンスを使って問題なさそう です。今後はモダンエクスペリエンスの開発に力を入れていくでしょうから、いずれはモダンエクスペリエンスの学習も必要でしょう。


さらにUiPathに詳しくなるには

まとめてUiPathの知識を身に付けたい方は、ぜひ書籍をお読みください。

人気記事ランキング(UiPath)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10