Power Automate Desktop|Excelデータの最終行を取得する方法

Power Automate for desktopを使って、Excelデータの最終行を取得する方法を解説します。ついでにワークシート内のデータの範囲を把握する方法も身に付けましょう。

この記事の内容

それではどうぞ!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
こさい
こさい

(株)完全自動化研究所代表のこさいです。

1) エンジニア歴25年超。RPA開発および支援8年超
2) RPA関連の書籍を5冊出版。現在はGPT×PADの書籍を執筆中!
3)当サイトのプレミアム会員募集中!無限回答、動画見放題。詳しくはこちら

Excelデータの最終行を取得する方法


会員様向けのコンテンツです。会員の方は、ログインをお願いします。
ログイン後のこの表示が出る場合は「ログイン後も表示が変わらない場合」をお読みください。

コメント ログインすると書き込めます

  1. kenji より:

    色々勉強になります。
    ありがとうございます。

    最終行を取得し、テキストを書き込もうとした結果、2行目の想定でしたが何故か最終形が690行になってしまいました。
    何か考えうる原因があれば教えていただけますでしょうか。

    • こさいこさい より:

      Kenjiさん、こんにちは。
      変数[FirstFreeRow]の値が690になっているんでしょうか?
      考えられるとしたら689行目になんらかの値が入っている、くらいですかね。
      もう少し詳しい情報があれば、もっと考えられますよ。