「RPAとは何だろう?」と疑問に思っている初心者の人向けに、わかりやすく簡単に解説します。

それではどうぞ!

僕の信頼性
こさい
こさい

完全自動化研究所の小佐井です

1) IT歴25年超。開発から業務改善まで幅広く経験してきました
2) 複数の企業においてRPAのコンサルティングを行っています
3) RPA関連の書籍を5冊出版しています

  1. オープンソースで作る!RPAシステム開発入門
  2. 実務者のための失敗しないRPAシナリオ設計入門
  3. UiPath業務自動化最強レシピ
  4. WinActor業務自動化最強レシピ
  5. Power Automate for desktop業務自動化最強レシピ

RPAとは何か【初心者向けに簡単に解説】

RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションRobotic Process Automation)の頭文字を取って略したもので、パソコンの作業を自動化しようという考え方です。

例えば、

Webシステムから日付を指定して売上データをダウンロードしてきて保存する

という業務があるとします。

この例の作業は全部マウスとキーボードを使って行いますよね?

それならば、マウスとキーボードの操作をソフトウェアで制御してしまえば、同じことができるわけです。

このように、あらかじめRPAにパソコン作業の手順を設定しておくことで、アプリケーションの起動、キー入力、ファイルの読み書き、メールの送受信などを正確に行ってくれます。

つまり、簡単に言うと「コンピューターにできる作業はコンピューターによって自動化できる」ということです。

RPAに仕事を任せることで、人は新しいことを企画したり、情報を分析したりすることに集中できるようになるわけです。

RPAが理解できたところで、「なぜRPAは導入されるのか?」についても併せてお読みください。


人気記事ランキング(RPA)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10